山本美芽ライティング研究会ブログ

研究会メンバーのためのお知らせページです。

「森の夜明け」東京・名古屋で2月にひきあい

f:id:mimeyama:20190107200830j:image

【ひきあいセミナー!】
お話と身近な楽器を加えたピアノ・ソロと連弾《森の夜明け(ジョン・ジョージ)》 

 
音楽ライター/ピアノ教本研究家の山本美芽が定期的に行っているひきあいのセミナーです。
参加者に曲をわりふり、連弾曲を中心に当日ぶっつけで合わせながら教材としての方向性や解釈のあり方など
山本の仕切りでぶっちゃけてディスカッションします。

日時:2/14(木)10:15 定員15名
場所:(名古屋駅近く)ストーンリバー
受講料:5000円 

日時:2/26(火)10:15 定員15名(残席わずか)
場所:東京・表参道クラシックスペース
受講料:4000円

ご希望の方は 
Mime Yamamoto までメッセージか 
mimeyama@gmail.com までご連絡ください。

 

訳者の田村智子先生に特訓をお願いしています!!!

ホームセミナー2019は 譜読みのシークエンス

来年は研究会でこんなことを勉強する予定です。シークエンスですよ。シーラカンスじゃないんでよろしく。

山本の2019年のホームセミナーとライブ配信のお題は「譜読みのシークエンス」。
第1回はリズムのシークエンスについてやります。
リズムについて、ピアノ教本・ソルフェージュ教本・楽典ワークでどのような順序で進んでいるのか徹底研究して傾向と対策をお話しします。

年間予定

1 リズムのシークエンス  8分の6の前まで(1月)

2 リズムののシークエンス 8分の6以後(3月)

3 ドレミのシークエンス Cポジションまで(5月)

4 ドレミのシークエンス Cポジション以降(7月)

5 音楽理論のシークエンス  調の増やし方(9月)

6 音楽理論のシークエンス  楽典全般の扱い(11月)f:id:mimeyama:20181222164615j:image

来年のホームセミナーは「譜読みのシークエンス」

来年も山本自宅のホームセミナーは継続します。

来年のテーマは「譜読みのシークエンス」。

どういう順番で譜読みを勉強すべくカリキュラムぐ組まれているのか、ピアノ教本、ソルフェージュ教材、ドリル、学校の教科書など横断的に分析していきます。

 

1.3.5.7.9.11月に開催予定。

ライブ配信も、やります。

1月は15.17がホームセミナーです。

 

10時15分から12時15分まで。

受講料4000円

簡単なランチをご用意します。

 

 

お申し込みお待ちしています。f:id:mimeyama:20181202215433j:image
f:id:mimeyama:20181202215430j:image
f:id:mimeyama:20181202215427j:image


f:id:mimeyama:20181202215437j:image

譜読みの壁を乗り越える ホームセミナー第6回

「本当の譜読み力をつける」ホームセミナー
第6回「譜読みの壁を突破する」終わりました。

ミドルCの外側に出たとき
プレリーディングから玉の音符になったとき
音感がない生徒さんが来たとき
楽譜を使わないことが逆に譜読み力をつける場合

今回はアルフレッド訳者の田村智子先生、
浜松の小学校で移動ドを取り入れた歌唱指導をしている袴田文子先生への取材から得たことも、お話ししました。

f:id:mimeyama:20181109182019j:image

経験的にはわかってたけど説明できなかった断片がつながってスッキリした!!!とのご感想をいただきました。
これで本書けそう。

カレーを食べてからは、
クリスマスの曲で連弾初見大会。f:id:mimeyama:20181109182049j:image

来年は「譜読みのシークエンス」でさらにマニアックかつ徹底的にホームセミナー続く予定です。

 

12月のライブ配信でも今日と同じお話しますね!

平吉毅州作品の連弾ひきあいセミナー

表参道クラシックスペースにて、
平吉毅州作品の連弾ひきあいセミナーを行いました。f:id:mimeyama:20181102171119j:image

カーニバルがやってきた 大変だけどリズムも和声も
カッコいい!!!

f:id:mimeyama:20181102170958j:image
f:id:mimeyama:20181102170951j:image
f:id:mimeyama:20181102171010j:image
f:id:mimeyama:20181102170955j:image


これは全曲レパートリーにしたいです。
春になったら これも使える!!!

連弾ペアをいろいろ変えて弾いてみたら面白かったです。

最後に、今月のムジカノーヴァ掲載、斎藤守也さんアレンジ「フレール・ジャック」をリレー連弾!

f:id:mimeyama:20181102171108j:image

ご参加の先生方ありがとうございました。

終了後はエスニック料理の「シカダ」でランチ。
個室だったので

f:id:mimeyama:20181102171007j:image
古内先生と動画で12月のセミナーのお知らせ撮りました。

次回は12月10日横浜イギリス館でクリスマスイベント、表参道のひきあいは2月の予定です。

みんなでハッピークリスマス

 

12月10日の横浜イギリス館イベント

 

11月ホームセミナーのランチ会にて

 

この本使います。

弾いてみましたが、シンプルで秀逸なアレンジです。使えます。

ご用意お願いします。

 

イギリス館のクリスマス詳細決定

山本美芽ライティング研究会・交流イベント 

イギリス館のクリスマス

f:id:mimeyama:20181013064650j:image
f:id:mimeyama:20181013064636j:image
f:id:mimeyama:20181013064643j:image
f:id:mimeyama:20181013064647j:image


2014年夏にスタートしたライティング研究会、

4周年の今年、2回目の交流イベントを交流会を企画しました。

詳細が決定しました。お申込みを受け付けます。

 


2018年12月10日

横浜・イギリス館

(みなとみらい線 元町・中華街駅から徒歩8分)

 

 

 

●9時半~9時50分 受付 早めに来てまわりをお散歩などもおすすめです

 


●10時~10時20分 山本の挨拶、参加者の簡単な自己紹介タイム

 

 

 

●10時20分~12時20分 セミナー 

  「アンサンブルと即興で、遊びながらうまくなる!」

  講師:野口茜(ジャズピアニスト)

 


 即興といってもジャズのアドリブ等々のハイレベルな話ではありません。日頃やっているリズム打ち、指を動かす練習、音程などのお勉強的な要素を、先生がかっこいいセコンドを弾いてあげながら、生徒は即興しながら、鍵盤で遊ぶように覚えられたら楽しいし、ものすごく音楽的だと思いませんか? 

 その具体的な方法を、ジャズピアニストの野口茜さんに「Cジャムブルース」と「ドラえもん」を課題曲に、徹底的にご指導いただきます。オリジナル楽譜もご用意いただきます。普段のレッスン、体験レッスン、グループレッスン、高齢者のサークルなど、さまざまな場所で使えるネタ。この機会に仕入れましょう!

 

 

 

●12時半~ランチ会 山手ローズテラス *席予約のため、3000円程度かかるかも

 


1時45分~2時半の間。自由行動 

、洋館の散策に行きたい方は行ってきてください。

イギリス館でお茶したりピアノを弾いていてもかまいません。

 

 

 

●3時~4時半 クリスマス連弾大会

 


千尋「みんなでハッピークリスマス」(全音)をご用意ください。

より5~6曲を選び、曲ごとに班をつくり、プリモとセコンドの組み合わせやアレンジを徹底研究。もちろん茜ちゃんにも加わってもらいます。

 


4時半終了、

~5時までに片付け、撤収

 


【受講料】*ランチ会人数が把握してから正確な金額をお知らせしますので、お振り込みはお待ちください。

 


セミナー 4500円

ランチ たぶん3000円くらい

連弾大会 1000円

 

 


★ 参加できるか流動的な方は、当日現金持参のドタ参加もOKですが、ドタ参加かも、とご連絡をいただけるとありがたいです。(ランチは席が用意できない可能性あり。ご了承ください)

 前もって予定がわかっている方は、当日の流れをスムーズにするため、お手数ですが、お振込みにご協力をお願いできればありがたいです。

 


★市販・手作りどちらでもいいので、お菓子を持ち寄れる方はお願いします。お茶はこちらでご用意します。

 


★連弾につきまして:事前に曲決めします。準備、練習しておいてください。

 


★名刺持参してもいいかも!

 


★申し込み方法:メッセンジャーで山本に連絡。こちらのイベント欄にもポチをお願いします。ランチ、連弾大会の出欠も書き添えてください。

 


「イギリス館のクリスマス ランチ会」のイベントページにも出欠のポチをお願いします。

 


  

 ゲスト講師の野口茜さんは、昨年はエリック・マリエンサルとも共演してアルバムを出しているジャズ界でも中堅の実力派ピアニスト。リズム感とタッチ、独自の音楽性、どれもハッとするような素晴らしいものをお持ちです。しかも2児の母であり、山本の後輩で学芸大出身。クラシックも本格的に勉強したうえでラテンとジャズの演奏に進みました。生徒さんもずっと教えています。そのため、小さな子どもの興味関心を引き付ける大変さや、ピアノの先生の気持ちや、得意なこと苦手なことがよーくわかっています。